ミノキシジル 副作用

ミノキシジルの副作用

男性型脱毛症の治療の一環として使用されるようになったミノキシジル。現在ではミノキシジル成分が配合されている育毛剤も、薬局等で販売されています。育毛効果が期待されているミノキシジルですが、本来は血圧を下げる薬としてアメリカで広く使用されていたのです。血管拡張の働きをもたらすことで、高血圧患者をターゲットにミノキシジルが最適とされています。その際、副作用として多毛症の傾向が多く見られました。この結果を利用し、研究・開発を重ね、育毛効果のある成分として日本に浸透するようになったのです。薄毛、抜け毛の治療として適しているのかもしれませんが、それはミノキシジル本来の役割ではありません。よって、身体に何らかの副作用がおこりうる可能性があるかもしれないのです。その副作用として挙げられるのは、まず低血圧による症状です。血圧を下げることが本来の目的であるミノキシジルを、高血圧ではない方が使用した場合、血圧は適切な範囲を大幅に下回ってしまいます。数値が低ければ健康ということではなく、低血圧とはつまり、全身への血液の循環が滞っている状態です。頭痛やめまい、冷え性、不眠、動機や息切れなどといった病状が引き起こされてしまいます。次に考えられる副作用が多毛症です。血管拡張によって血流が改善されるメカニズムを利用し、育毛効果をもたらすとされていますが、頭皮のみに作用するとは限りません。まゆ毛や髭、すね毛や腹毛等、全身の毛に影響する可能性もあるのです。毛根周辺の毛細血管が拡張され、健康的な髪の毛を生成するものの、身体のムダ毛周辺の毛細血管にも効果が表れてしまう場合もあるということです。ではミノキシジルが悪いものであるかといえば、そうではないのです。副作用があるからこそ、育毛の効果も期待できる成分なのです。まずは一度使用してみるといいでしょう。自身の状態に適しているのかどうかを試してみて、リスクが少ないようであれば育毛対策として抜群のメリットをもたらすでしょう。